新着順:3/605 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

魂の成人式レポートbyちーこ

 投稿者:ちーこメール  投稿日:2020年 2月22日(土)10時30分39秒
  通報
  やっとゆっくり印象を言葉にできる時がきた。
2020どんと20周年魂の成人式の幕開け。
その1.
トップバッターは、シークレット出演のゲートボーラーズ。どんとの次男である奈良がドラム担当。
いきなり<でっかい家で>を放ち、会場の空気を熱くする。選曲もぴったり。
< 夢の中>も堂々と歌い上げ、筋金入りのボガンボファンも驚きの演奏からスタート。

続くナツノムジナは、奈良の幼馴染みで結成されたバンド。小学校時代から知っている。高校時代から、山本精一さんや、ブッチャーズのopening actを務めたり、当時から面白い演奏していたが、みんなで東京に行き、ずっと同じメンバーで続けている。
小学校の時、奈良に聴かされて好きになったと言う<誰もいない>を熱演。演奏も素晴らしく、フリーキーさもありつつ、爽やかで瑞々しい印象。

続く踊ってばかりの国もそうだが
リアルタイムでのどんとやボガンボスを知らない分、自由に伸び伸びと自分達にフィットする曲をセレクトして楽しんでいる感じが、サトリ世代らしくて、本当に気持ちいい演奏だった。こうして、次の世代にどんとの唄のバトンが渡されて行く。
今回の魂の成人式の一つのテーマがそれだった。
Photo by 三浦麻旅子
 
》記事一覧表示

新着順:3/605 《前のページ | 次のページ》
/605