投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


玉城夏至祭~あがりてぃだぬ光を東北へ~

 投稿者:ち~こ  投稿日:2011年 6月 2日(木)10時20分3秒
  夏至に,東北のソーラー発電支援のためのeventをすることになりました!
太陽みたいだったどんとも、きっと応援してくれることでしょう1
もちろんこの日は、どんとの唄もうたわれます!
転送大歓迎で~す!どうぞよろしくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

太陽が、沖縄の始祖アマミコがつくったとされる玉城グスクの岩の門に入る夏至の日。
その朝日は、最もエネルギーが強く、また新しいサイクルの始まりでもあります。
 未曾有の災害に揺さぶられている日本も、今までのあり方を見直し、新しい夜明けを迎える時期にきています。太陽のエネルギーの最も強い夏至の沖縄から、太陽の光とともに、祈りと具体的な支援を東北へと、送りたいと思います。

<被災地ソーラー支援プロジェクト>

 福島県川内村で、山を切り開いて、山の恵み、川の水、ソーラー発電や自然エネルギーで暮らしてきた自然エネルギーアドバイザーの坂上さん。彼の一生をかけた<楽園>は、原子力事故による放射能で、すべてが水の泡に。。。

 すべてを失った坂上さんは、家族を連れ避難をよぎなくされますが、自らの経験を今こそ活かすべく震災被災者のための仮説住宅にソーラー発電を支援するプロジェクトを立ち上げました。彼を沖縄にまねき、原子力被害の現場の状況、そして自然エネルギーについての講演をして頂きます。
(ちなみにこの人は、もちろんどんとファンです。どんととも一緒に唄ってました!)

 あがりてぃーだ、をキイワードに夏至の頃の玉城から、この太陽の光、祈りの心を、東北の太陽発電に向けて送り、てぃーだぬ光で、沖縄と東北をつなげます。

 夏至当日の22日はそれぞれの祈り、翌日の23日には、ゆいんちホテルにて自然エネルギーや太陽発電についての講演、玉城にゆかりのある歴史的な講演、そして祈りの音楽や舞い、ひとつ太陽の元に集って、イヴェントを企画し、その収益と祈りを、東北へと届けます。
この日は、慰霊の日ですので、戦争や災害で亡くなった方々への祈りとともに、
いのちを最優先とした文明、地球、万物と調和した世界への具体的な一歩となる 集いと
いたします。

どうぞ、この日の本のよみがえりの時、心をひとつにして、ご協力をお願いいたします。


☆6月23日  午後4時~8時頃  開場3時30分

  場所  南城市佐敷 ユインチホテル南城 ゆいんちホール

☆ 参加協力費 2000円(経費を除いた全額を東北への支援に寄付)

☆ 福島からのオーガニック製品、講師、出演者の本、CDなどのブース出店あり


<プログラム>

☆玉城夏至祭~あがりてぃだぬ光☆



 <基調講演>

  4:00~5:00 <玉城の夏至と赤椀の世直し>
              古代史研究家/南城市市民大学講師 名護博


  5:15~6:30 <自然エネルギーで豊かに暮らす> ~福島の現場から~

       被災地ソーラー支援プロジェクト代表 坂上尚之 from 福島
       HP http://solarshien.web.fc2.com/index.html


  6:40~8;00 音と舞いによる<古代の心、あがりてぃだぬ光>

     舞い アマミ舞い創始者 花柳鶴寿賀  (この師匠は、去年の野音見に来てくださってます)

        アマノマイ  有志

     音楽 小嶋さちほ(ライア演奏)

======================================

☆ この支援イベントへの参加を含めた夏至の禊ぎworkも予定しています。

  そちらは、21~23まで、八角堂に宿泊し、舞い、聖地での禊ぎ、瞑想などで
体、心、魂を浄化、調整し、夏至の朝日の祈りを中心としたworkとなります。

ナヴィゲイター  花柳鶴寿賀(舞い)、小嶋さちほ(音、瞑想、禊ぎ)

 詳細:http://mixi.jp/view_event.pl?id=62628261&comment_count=0&comm_id=217035
 
 

ありがとうございます!

 投稿者:かんこメール  投稿日:2011年 5月13日(金)10時18分18秒
  ち~こさん、お返事ありがとうございます!!
はい、酒遊舘の酒樽には、どんとさんのサインもしっかり入ってます。
ラキタ君の情報ありがとございました!
さっそく、マイスペースへ行ってきました。
近江八幡へ来てくださる事を願ってます。

ありがとうございました!
 

みなさまへ

 投稿者:ち~こ  投稿日:2011年 4月27日(水)09時08分28秒
編集済
   今、日本が未曾有の出来事の渦中にあり、すべてが大きく動いています。この大きな災害、痛み、悲しみ、怒り。。。
どんとだったら、なんていうだろう。。。、どんとがいたら、どうしていただろう、と思ってみたりします。

 どんとの東北の仲間達も、たくさんいます。これから、長期的な視野で、ゆっくりできることをしていこう、とおもっています。のちのちここでも紹介させていただこうとおもっていますが。。。

メイちゃん、素晴らしい旅おめでとう!

石塚さん

 太陽の塔、楽しい演奏でしたね!どんととのsession,よく覚えています。

かんこさん

 ようこそ!どんとの世界へ。。。どんととも酒蔵いきましたね~!オーナーによろしくお伝えください。
ラキタくんは、my spaceで、連絡つくんじゃないでしょうか。。。
 

会いたいです。

 投稿者:かんこメール  投稿日:2011年 4月17日(日)23時11分31秒
 


はじめまして。
今年に入ってから、突然ボガンボスに目覚めた、かんこと申します。
滋賀の、酒蔵のライブハウスで受付のバイトをしてます。オーナーと、
    「ラキタ君、呼びたいなあ」と、こないだ話しました。
家でボガンボスの曲をギターで弾いて歌ってる時が、幸せです。
どんと大好き。

新参者ですが、どうかよろしくお願いします。


 

今、新宿ジャムの店長をやってます。

 投稿者:太陽の塔のドラム石塚です。  投稿日:2011年 4月15日(金)12時25分55秒
  どんとさんのバックバンドを太陽の塔ってバンド時代にさせて頂きました。自分の人生の最大の思い出になりそうです。
この前、たまたま新宿ジャムの店員の友人が「これジャムの店長じゃないか?」とバックバンドをしてた時代のフライヤーの写メールをくれました。震災後で弱ってた僕でしたが、、また力をもらえました。ありがとう、どんとさん。また頑張ります。
 

素晴らしい一週間

 投稿者:メイ  投稿日:2011年 2月 2日(水)17時25分9秒
  ち~こさん、どんとファンの皆さん、こんにちは。

沖縄のライブ、素晴らしかったようですね。

私は、横浜の葉山や、サムズアップのどんとソングスディ、
東京のライブハウスで、この期間を過ごし、夢のような
ミラクル体験をたくさんさせていただきました。

命がピカーンと輝き、隠していた、眠らせていた自分の
何かが出てきたような、そんな夢のような瞬間を体験
した旅でした。

どんとを知ってから、本当に奇跡の連続で、それまでの
人生から、どんどんを色を変え、色彩豊かで、あたたかく、
笑いと幸せに満ち溢れた道に歩けだせたような気がします。

どんとさんの歌・魂に出会い、その歌を歌える喜び、
みんなで集える喜び、本当に本当に嬉しくてたまりません。

いつか、どんと院で、どんとさんの歌を歌ってみたい。

ひそかな夢です☆

場所はそれぞれ違っても、どんとさんを思い、感じた
素晴らしい一週間を本当にありがとうございます。

 

ありがとう!どんと11回目の魂の誕生日!

 投稿者:ち~こ  投稿日:2011年 2月 2日(水)15時59分1秒
編集済
  那覇、桜坂劇場で行われたどんとの命日のおまつりも、大盛況のうちに幕を閉じました。

当日は、全国各地からかけつけてくださったどんとheads,沖縄のみなさま
届けられたお花で、おまつりモード満載

そしてそして、初の顔合わせの内容は。。
1部で、町田康さんと私の対談。詩人でもある町田さんの視点でかたられた、どんとの詩の面白さ,不思議さ,深さ
あらためて気づいたこともたくさんありました。もちろん笑いも。。。

2部では、アマナ、照屋政雄さん、古謝美佐子さん、大城美佐子さんによる<どんとの愛した沖縄>
もう、本当に素晴らしい唄を披露してくださいました。どんとの大好きだった先生方による
心にしみいる唄たち。そして政雄先生のステージのときに、ス~っと両美佐子先生が三板を手におはやしにはいったりもう、ありえない豪華な夢の共演。古謝さんの唄で、涙し、さらに大城美佐子さんは、もう唄の力で完全にタイムスリップしてしまいました。素晴らしかった!!

そして3部は、町田康さんが、どんとの曲を歌うコーナー。伴奏ラキタとなっていましたが、曲が、バンド向けということで、私がベース、奈良(次男)がドラム、というもろに久富家というバックバンドに成り行きでなりましたが。。。
町田さんは、歌うのが5年ぶりということでしたが、凄い!壮絶!さすが!の勢いで
どんとの曲が、見事にここによみがえりました!
演奏している間中、私も楽しくて楽しくて笑いがとまらない状態でした。

そして最後は、どんとマンボとカチャーシーで会場中が踊り狂うという状態に。。。

みなさま本当にありがとうございました!

そして1/30に、どんと展も終了。どんとの絵や衣装、ギターも撤収し、どんとも天へと還った感じでした。

今年も、命日に、キョンのeventやソングスデイもあり、どんとがもうこの世にいなくなって11年もたつのに
心、愛をよせてくれているみなさまのおかげで、こうして未だに、どんとの魂と一緒に遊び、演奏し、誰もが
喜びのなかにいて、また新しいつながりが生まれている、というこの奇跡に感謝です☆
 

懐かしいですね

 投稿者:Tanaka Haruko  投稿日:2011年 1月27日(木)20時10分59秒
  ちほさん、返事、ありがとうございます。
どんとがいなくても、ちほさんがいるから大丈夫ですね☆


カンテでの「どんと展」懐かしいですね。
私はどんとファン、だけど身内、身内やけど、どんとファンと、悩み始めた時期でしたね。
私は私、と今では、はっきり言えますけどね。
型にはめようとするには無理があったんですけどね。
そうそう手伝っている時に、どんとがぼそっと「俺って絵がうまかったんだねぇ」と言うのでびっくりしました。
なにをいまさらと思い、声がでませんでした(^-^;
 

こんにちは!

 投稿者:ち~こ  投稿日:2011年 1月25日(火)10時47分2秒
  harukoさん

 今日から、那覇、桜坂劇場にて、どんと展が、はじまりました。夕べ遅くまでみんなで展示準備しましたよ。
大阪カンテグランデでの、どんと自身が主宰した<どんと展>を思い出しました。あのときは、いろいろ手伝って下さったのが
思い出されます。

今や那覇のカルチャーの中心になっている桜坂劇場に、どんとの衣装やギター、絵などが飾られ、どんと紅白や、今年のソウルオブどんとで、使用された大きなどんとの幕が、お出迎え。衣装をかざると、まるでどんとがそこにいるようです。
期間中は、どんと関連のCDや本、Tシャツ、また今回のspecial GOODSとして、麻の和紙にプリントした額入りのどんとの絵を
販売します。パッと部屋が明るくなるような絵です。
27日には、コアなどんとheadsが大集合してくれそうです!そして沖縄のかたがたも。。。

質問のお答えですが、ボブマーリィ、チャックベリー、フェラクティ、など好きなアーチストの伝記はよく読んでました。
あとは、フェンダー物語とか、レコーディング関係の実用書、そしてそして、今回1/27に歌ってくださる町田康さんの
小説は,大好きで<どんとの殿堂>(気にいったものをおさめてあるコーナー)に入ってます。岡本太郎とかも一緒に。。。。


 

どんとLook Back

 投稿者:Tanaka Haruko  投稿日:2011年 1月22日(土)03時59分16秒
  あけましておめでとうございます。

どんととボブディランの話になったのは、ボブディランは交通事故を起こして、いったい自分は何をしているのだろうと悟り変わったらしいのですが、その時、どんとに返事ができず、うんうんと聞いているだけでした。落ち着いて考えてみると、ボブディランの交通事故は、どんとにとって何が悟る原因だったのか?ミュージシャンの伝記ものっぽい本を好きでよくよんでいると、ききましたが、ディランの他にどんなミュージシャンの本を読んでいたのかとか、今、知りたいことはあるのに、どんとはもう、いません。
ちほさん、もし、知っているのなら、教えていただけませんか?
 

あけましておめでとうございます!

 投稿者:ち~こ  投稿日:2011年 1月 8日(土)19時25分36秒
  すっかり出遅れてしまいましたが、今年、どんとにご縁のみなさまにとって、
ますます幸多き年でありますよう!!

 そして今年も、ここを訪れていただき本当にありがとうございます。

年があけたら、もうすぐどんとの命日です。
去年は、10周年ということで、夏の野音や、本の出版など、派手な動きがありました。
今年11回めの命日は、沖縄の桜坂劇場で、すこしどんとの深いところにご案内できるようなeventです。
すでにtopページでは、お知らせしています。

1/25~30日は、どんと展。 どんとの絵や陶芸作品、衣装や楽器、音楽以外のどんとの宇宙に
触れて頂く機会をつくってみました。どんとって、こんな人だったんだ~~って
感じてみて下さいね。

そして27日の命日には、元パンク歌手、今は、日本文学界を代表する文豪となられた町田康さんが、自ら選曲して、どんとの唄をうたいにきてくれます。
伴奏は、ラキタ、場合によっては私もbassひくかも。。。
すごい~~レアな貴重なliveになるとおもいます。

沖縄からも、どんとの大好きだった民謡歌手の大御所のかたがたが、
歌いにきてくださいます。古謝美佐子さん、大城美佐子さん、照屋政雄先生、
こんな顔合わせは、なかなか沖縄でも、みられません! それぞれの先生方が、どんとについて語って下さる事でしょう。どんととも面識のあった方々ばかりです。
ひさびさにアマナも。。。

ぜひぜひ、みなさん1/27沖縄にお集りくださいませね~~~!
シーズンオフなので、スカイマーク使えば、東京、神戸は、すごく安いとおもいます。他の地方のかたは、パックツアーが激安です!
おまちしてま~す!
 

どんとの魂

 投稿者:ち~こ  投稿日:2010年12月 7日(火)15時16分26秒
編集済
  九朗さまへ

 ブログ、読ませて頂きました。あの月の祭りでお会いしたことや、当時の空気感、まるでまぼろしのように
今は感じますが、不思議とはっきりとした映像が、今も思い浮かんできました。それは少し昔の映画のようで
鮮やかで楽しげですが、どこかさびしく、本当にカーニバルの世界そのものでした。

九朗さんの、どんとへの目線、距離をとりつつ、どんとの魂の本質、表現の本質をピンポイントで感じてくださっているのが素晴らしく、有り難いことです。特にソロ時代の作品のレヴューは、圧巻です。
こんなにどんとを理解してくださってほんとうにありがとう!

死後も、物語に人を巻き込み続ける。。。まさにそのとおりだとおもいます。

いつか沖縄に、物語の続きを探しにきてくださいね!
 

あの海辺で見た虹

 投稿者:九郎  投稿日:2010年12月 2日(木)23時05分7秒
  9月に「虹を見たかい?」を読んで以来、何度も読み返しては、自分の記憶の中のどんとさんをよみがえらせています。
もう十数年も昔になってしまった和歌浦でのどんとさんの姿は、今でもはっきり覚えています。
「あのとき、そんなことがあったのか」と、感慨を新たにする内容も多々あり、今後も折に触れて読み返す一冊になると思います。
読めて本当によかったです。ありがとうございました。

自分のブログでも紹介させていただきました。

http://en-nichi.seesaa.net/article/166794243.html

 

HFSP

 投稿者:ち~こ  投稿日:2010年11月 1日(月)22時21分14秒
  Happy Flower seed party、楽しみました~~!
来て、楽しんで下さって、ほんとうにありがとう!!

今年は,campinではなくてworkshop形式とコンサートでしたが、いろいろvisionができました。
どんとも演奏した浜辺の茶屋の海上ステージで、星空のもと、素晴らしい音楽と
ムナカタ堂の天然酵母パンも売りにきてくれたり。。

ラビラビで、私も踊りまくって、あ~~楽しかった!
今日は、みんなで田植えしました。

来年までには、きっと新しいカタチが見えてくる事でしょう!!
 

(無題)

 投稿者:H.F.S.P  投稿日:2010年11月 1日(月)19時57分17秒
  とても、たのしかったですね。浜辺で星眺めながら、ちほさんの優しい声に癒されたり、アシリアさんの歌に癒されたり、コウジ君の八重山民謡も良かった。ラビラビのトランスも最高で自分自身もトランス状態になりましたよ。楽しかった。  

にけつ様

 投稿者:モモ  投稿日:2010年10月29日(金)11時06分32秒
  再放送情報、ありがとうございます。  

(無題)

 投稿者:にけつ!  投稿日:2010年10月28日(木)11時26分7秒
  11/21CSフジテレビONEで再放送みたいです~  

再度送りました。

 投稿者:どりこ  投稿日:2010年10月27日(水)22時30分35秒
  今メール送りました。控えのメールも返ってきました。
チェックお願いします!!
 

どりこさんへ

 投稿者:ゴマぞうメール  投稿日:2010年10月27日(水)09時42分49秒
  おはようございます管理人ゴマぞうです。
メールの件ですが、チェックしてみましたが、ゴマぞう宛にうまく届いていなかったようです。再度送って頂けますでしょうか?
よろしくお願いします。
 

失礼を承知で・・

 投稿者:どりこ  投稿日:2010年10月26日(火)14時36分48秒
  1ヶ月ほど前に管理人さまにメールさせていただきましたが返信がないので書き込みさせていただきます。返信いただいてるはずなのに届いてない・・とか行き違いがあればすみません。できればチェックしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
 

/29